その資格、本当に必要ですか?

10月に参加を予定していたNLPトレーナーになるためのトレーニングへの参加をキャンセルしました。

直接のきっかけは、ありがちに、家庭の事情というやつです。笑

夫とベビーシッターさんに息子を見てもらって参加するという計画が、夫の仕事の都合がつかなくなってしまったということ。加えて、最近、息子の「ママがいなくちゃイヤ♡」が激しくなってきて、この子をおいて3週間留守にするのもな〜、と感じ始めてしまったこと。

いやー、ありがちすぎ!と言いつつ、何だか心にあったモヤモヤ(この心のモヤモヤは、まさに潜在意識からのメッセージ!)がスッキリしたのも事実。そのモヤモヤの正体を考えていたところ、気づいてしまったのです…

ワタシがやりたいのは、NLPを広めることではない。

資格を取りたいのは、今の自分に自信がないからなんじゃないか。

ということに。

NLPトレーナーの資格を取ったからといって、自分に自信はつくのか?という答えに対する自分自身の答えは、100%のYESではない。やり遂げた、という達成感はあるだろうけど、それで自信が持てるか、というと、それは全くの別問題。

プラクティショナー、マスター・プラクティショナーと資格を取り、NLPをもっと深く知りたい!という気持ちがわいて来たのは事実。学習の早道は、教えるということ。じゃあ、トレーナーの資格を取っちゃおう!と、お勉強好きの血が騒いでしまったというところでしょうか。

私がやりたいことは、NLPを広めることではありません。

NLPというパワフルなツール「も」使って、まずは「自分と家族がしあわせでありたい」、そしてその先に、「人それぞれ、自分らしい人生を送る頂くお手伝いをしたい」というのがワタシがめざしているもの。つまり、NLPはあくまでも手段であり、目的ではないのです。

もっと突っ込んでいうなら、起業をめざしている今の私に必要なのは、「お金を稼ぐ能力」であって、資格や知識ではないということ。自分が今もっている知識や経験を「価値」に変えて、その対価を頂くという「実体験」、そしてそれを「当たりまえ」のことにしていくということなのです。これ、鮒谷師匠にも言われていること。

この「実体験」、自分の価値をひとに提供して対価が返ってくる体験こそ、自分に自信をもたらしてくれるものですよね。

学びってなんていうか、中毒性がありますよね。新しいことを学ぶのは、シンプルに楽しい。ワタシなんて、お勉強好きが高じてハーバードまで行きましたけど、それでも未だに自信なかったりするし、実際、学位じゃお金稼げてませんしね〜(爆!でもこれからレバレッジかけていきますよ〜)

その資格や勉強、セミナーは本当に必要ですか?

まずは、この質問を自分自身に問いかけて明確にすべきかな、と思います。質問に対して、自信を持って「YES」と言えるのであれば、資格取得やセミナーに時間、お金、労力をかけたらいいと思います。

資格取得を考えて(迷って)いる方、セミナーにやたら行きまくっているけど、何だかなあというあなた、その資格を取得した先には何がありますか?そのコストを回収できる見込みはありますか?

トレーナーの資格がなくても、優れたトレーナーはたくさんいますし、稼いでいる講師の方は大勢いらっしゃいます。ビジネスを上手く軌道に乗せるために必要なのは、はたしてその「資格」なのか?ということです。

そんなわけで、「ありがちな〜」理由であっても、考えるきっかけを与えてくれた夫(というか会社)と息子に感謝です。

まずは、7月に予定していた初!の自主開催セミナーを、自分の仕事の都合でキャンセルせざるを得なくなってしまったので、その代替案を早急に考えたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>